冬季休業のお知らせ

冬季休業のお知らせ

今年もいよいよ残りわずかとなりましたが、リトルノースのある平林も毎日氷点下の季節がやってまいりました。
今シーズンもたくさんの人達との出会いがあり、ありがとうございました。

12月21日にて今シーズンの営業を終了させて頂きます。
来年は、ちょっと変わった計画も検討中ですのでお楽しみに。

それでは皆さま良いお年を!

Little North 保坂健次郎

OJI&佐藤kuma-chang慶吾 =星空&焚火LIVE=

OJI&佐藤kuma-chang慶吾 =星空&焚火LIVE=

今年もこの焚火の季節に満天の星空の下、焚火を囲みながら音岳家OJIのとパーカッショニスト佐藤kuma-chang慶吾の=星空&焚火LIVE=のお知らせです。
当日は、キャンプインできます。
2016年 10月 14日 金曜日

=LIVE=
OJI&佐藤kuma-chang慶吾

=TICKET= ¥1500

=CAMP IN= 1人/¥1000

=CABIN= 1人/¥2000

=車中泊=  無料

=OPEN=18:30

=STAGE= 19:00~
=DRINK&FOOD=
Sun Katsina

=LOCATION=
Little North Camping Ground
山梨県南巨摩郡富士川町平林1603
090−8848−7615
littlenorth2012@gmail.com
=OJI=
2002年〜2008年barbiのvo.guとして活動 。
その後、単独行を模索し山での曲つくりを始める。
野外での演奏、アウトドアショップでの演奏を得意とする。

2005年1st minialbum『人・空・木・太陽に』をリリース。
スペースシャワーTV準パワープッシュ「it」獲得。
ロッキンオンジャパン「NEWCOMER」獲得。
ノンプロモーションながらFM長崎、佐賀、山口でパワープッシュを獲得した。
2006年 フジロックフェスティバル06出演。
2009年 前人未踏のmusic climb「demo climb〜1合目〜」リリース。
2010年 単独行により「demo climb~2合目~」到達。
2011年 待望の1st album「MOUNTAIN PEANUTS」をリリース 。
2013年 「demo climb~3合目~」到達。
2012年 EARTHDAY CAMP「Natural High」出演
2013年 EARTHDAY CAMP「Natural High」出演
2013年 竹内洋岳プロデュース「ラナコスタ」試写会オープニングアクト
2014年 EARTHDAY CAMP「Natural High」出演
2014年 竹内洋岳プロデュース「ラナコスタ」試写会オープニングアクト
2014年 シェルパ斉藤氏からフォルクスワーゲンのキャンパーヴァナゴンを譲り受ける

http://ojitentlix.jimdo.com/

=佐藤kuma-chang慶吾=
パーカッショニスト。通称、熊ちゃん。
料理人の頃、ジェンベ奏者ママディケイタと出会い「パーカッショニストの手」と言われたのが嬉しくて料理人からパーカッショニストに転向を決意。
大儀見元、横山達治、中島オバヲ、など様々なパーカッショニスト達との出会いにより、ラテン、アフリカン、サンバ、ジャズ、レゲエ、アンビエント、民族音楽、ポップス、ヒップホップなど多岐に渡る音楽を吸収。
NOKKO(ex.レベッカ)のアコースティックバンドに参加。そして菊池成孔とペペ・ト ルメント・アスカラールで共演。
Yae(半農半歌手)と共にFUJI ROCK Festival2007に出演。加藤登紀子とも共演。パートナーのcomugiとFUJI ROCK Festival2008に出演。
その他GOMA(didgeridou)、中村雅人(sleep walker)、BBBB(ブラックボトムブラスバンド)、和太鼓集団『倭』、田中峰彦(sitar)、リクルマイ(ex.DRY&HEAVY)、島袋優(BEGIN)、キマグレン、KAI PETITE,テミヤン、ブレッド&バター、などと共演する。
アートアニメーションとのセッションや漫画読み屋の東方力丸とのプロジェクトや絵描きの門秀彦との『らくがきの旅』など、独自の活動も展開。
太鼓からおもちゃまで自由な発想でリズムを生み出す。

森・河・人が目覚める!地域おこしきらめ樹 in 平林 第1弾

 

リトルノースキャンピンググラウンドのあるここ富士川町平林地区は、水がとってもきれいで、空気が澄んでいて、ホタルの舞う自然豊かな山里です。

まわりは、杉、ヒノキの森に囲まれています。その森が暗く茶色になり、元気がありません。森はわたしたちの手入れを待っています。いま、杉、ヒノキの人工林にわたしたちが手を入れることで、森に光が入り、下草が生え、いきものが戻ってきます。

日本の海が豊かなのは、日本の森が豊かだから。海と森はひとつながり。

森に光が入ることで、平林地区はもっと輝き、河も人にも光が入ります。そして、小さな山里がもっともっと元気になります。森が蘇ると、町に住むみなさんの暮らしも守られ豊かになります。

女性も子どももできる間伐、きらめ樹(皮むき間伐)を体験しませんか?

皮をむいた木は、一年後伐採して、リトルノースキャンピンググラウンドで使っていきます。木材の地産地消。小さな循環のはじまり。

日本は世界第二位の森林大国だそうです。
この機会に森と仲良くなりましょう!

そして、子どもたちに豊かな森を、豊かな地球を残して行きましょう!
森と地球とつながる皮むき体験。森の中で過ごす一日。
ぜひ、いっしょにレッツきらめ樹♪
日時:8/11(木祝) 午前9時半〜15時半 雨天決行!
集合場所:9時15分 旧増穂西小学校

参加費 : ひとファミリー2500円
大人ひとり2000円
保険代含

※ 平林地区の方は500円引きです
※ 昼食は、お弁当持参または、平林棚田米のおにぎり弁当が頼めます。
お弁当をご注文の方は、8/4までにご連絡ください。

持ち物:飲み物、タオル、虫除けスプレー、レジャーシート、お弁当、軍手、雨合羽、のこぎりのある方はご持参ください。

服装:帽子、動きやすい靴、長袖、長ズボン、帽子

☆申し込み時に、参加者全員のお名前、住所、生年月日、性別をお知らせください。保険に加入します。
◎1年後に伐採した木材を利用しての丸太小屋作り体験会もリトルノースにて開催予定!

地産地消、リトルノースファンの方も森を知ることから関わってみませんか?
皆さまのご参加をお待ちしてます(^∇^)
◆ 問い合わせ

・保坂健次郎090-3094-1270
・手塚年彦090-9317-4006
・大森裕美090-4022-4812
・上鶴恵子090-1105-2788

虫除けアロマキャンドル作りのワークショップ

さて、今週の18日(日)リトルノースで虫除けキャンドル作りのワークショップをします!アウトドアや室内で使えるオリジナルのキャンドルを作ってみませんか?

 


虫除けアロマキャンドル作りのワークショップ

きらめ樹キャラバンin平林

リトルノース企画☆
森を守り暮らしを守る♡
みんなで間伐、レッツきらめ樹!

リトルノースのあるここ富士川町平林地区は、まわりを森に囲まれた山里です。その森が暗く茶色になり、元気がありません。森はわたしたちの手入れを待っています。

いま、杉、ヒノキの人工林にわたしたちが手を入れることで、森に光が入り、下草が生え、いきものが戻ってきます。

日本の海が豊かなのは、日本の森が豊かだから。海と森はひとつながり。

森が蘇ると、わたしたちの暮らしも守られ豊かになります。

女性も子どももできる間伐、きらめ樹(皮むき間伐)を体験しませんか?

皮をむいた木は、一年後伐採して、リトルノースで使っていきます。木材の地産地消。小さな循環のはじまり♡

日本は世界第二位の森林大国だそうです。
この機会に森と仲良くなりましょう*\(^o^)/*

そして、子どもたちに豊かな森を残して行きましょう!

NPO法人森の蘇りの大西さんと、難波さんをお招きして、目からウロコの森のお話と、実際に森で皮むきをしますヨ。

日時:7/18(祝) 午前9時〜12時

集合場所:旧増穂西小学校
富士川町平林地区

参加費:ひとファミリー2500円
大人ひとり2000円
保険代含

持ち物:飲み物、タオル、虫除けスプレー

服装:帽子、動きやすい靴、長袖、長ズボン

☆申し込み時に、参加者全員のお名前、住所、生年月日、性別をお知らせください。保険に加入します。

問い合わせ:上鶴 09011052788

きらめ樹キャラバンin平林

Yole Yole ライヴ 7・9 sat

《シェア拡散大希望 お願いします》

YoLeYoLeが山梨に来るよ〜!
生YoLeYoLe最高だよ〜!

そして、念願のキャンプインライブが実現!!

会場のリトルノースからは富士山も見えてロケーション最高!
この日は特別プライスでキャンプインできちゃいます。

夏の始まりをおいしいご飯とおいしいお酒
YoLeYoLeを聞きながら焚き火を囲んで
ゆっくり楽しみましょ〜♪

キャンプインが最高だよ〜、絶対に!

東京から1時間30分、長野からは1時間のドライブで楽園に到着!
皆様、ぜひぜひ〜!

時間は近日中にお知らせします。

7/9 (sat)

Live – YoLeYoLe
charge – ¥2,000+1order
place – リトルノースキャンピンググランド
山梨県南巨摩郡富士川町平林1603
official HP – http://littlenorth2012.com/?page_id=404
Facebook – https://www.facebook.com/リトルノースキャンピンググラウンド-163081807148858/

キャンプイン
幌馬車キャビン(定員4〜5人/ドミトリー) ¥2,000/人
テントサイト ¥1,000/人

お問い合わせ
– Rural –
contact@ruralinitylodge.jp
080-3601-0523(ツチヤ)

– リトルノースキャンピンググランド –
http://littlenorth2012.com/?page_id=17
090-8848-7615

 

パウワウマーケット2016動画

 

楽しいイベントでした。
参加者の皆さまありがとうございました!
余韻をどうぞ。

パウワウ実行委員会より

パウワウマーケット2016に参加していただいた皆さま、本当にありがとうございました。
今年は60店舗という多数の出店者さまをはじめ1000人を超える来場者の皆様のおかげで大盛況でした。

今回で2回目のパウワウマーケットの開催となり、昨年に続き沢山の人との再会や新しい出会いの場を提供できたことを嬉しく思っています。
会場には、沢山の子ども達の満面の笑顔に出会えた事やいきいきと野外で遊ぶ姿を見れました。

まだまだ至らない点も多々あったかと思います。この場を借りてお詫び申し上げます。

今後もパウワウマーケットはみんなが、楽しめるイベントとして開催していきます。
素晴らしい人と物の出会いの場として沢山の人々の笑顔が溢れるように、スタッフ一同頑張って参ります。
皆様の温かい目で次回もどうぞよろしくお願いします!

パウワウ実行委員会

Continue reading

パウワウマーケット2016注意事項

*駐車場のご案内 & 注意事項のお知らせ*
[重要!]
・駐車場、会場内の道路は舗装されていません。歩きやすい靴でご来場ください。
・山間部なので夕方以降は涼しくなります、羽織れる物を1枚お持ちください。
[ナビゲーション]
ナビゲーションでいらっしゃる方は増穂西小学校を目的地に設定し、小学校を30mほど過ぎた左手に小さな看板があります。そこを左斜めに入りそのまま道なりです。
警備員がいますので、案内に従いご来場ください。
https://goo.gl/maps/SwC5o
・第1駐車場 (駐車料金500円)キャンプ場内及び隣接駐車場。小さなお子様、高齢者、身障者同伴のお客様優先となります。
料金は会場入口の本部テントにて徴収いたします。
・第2駐車場 (駐車料金無料。会場まで徒歩5分)白線に従い駐車してください。
第1、第2駐車場へは未舗装の林道ですので、ゆっくり走行してください。
お帰りは、交互一方通行ですので時間に余裕を持って出口にお並びください。ガードマンが誘導します。
・第3駐車場 (駐車料金無料。旧増穂西小学校 グラウンド) 白線に従い駐車してください。
第3駐車場から会場へは無料のシャトルバスへご乗車してください。ガードマンの指示に御協力ください。
・会場内外、及び駐車場での事故・紛失・盗難・ケガ・病気等の責任は、一切負えませんのでご了承ください。
・近隣住民の迷惑になる行為は、慎むようにお願いします。
・路上駐車はご遠慮ください。通報対象となります。
[その他]
・小さなお子様からは目を離さぬようお願いします。
・一人でも多くの方にお楽しみいただけるよう、出店者以外の方のテント、タープ使用はご遠慮いただきます。
・会場内にはテーブル・イスが設置してありますが、折り畳みイスやレジャーシートをご持参いただき、お気に入りの場所を見つけてお過ごしください。
・当日は焚き火、バーベキューはできません。
・飲食の持ち込みはご遠慮いただきます。但し、水筒に入れた飲み物のみ持ち込み可能とします。
会場内にゴミ箱はありません。御協力お願いします。
・花火などの火器、その他の危険物、及び法律で禁じられている物の持ち込みはお断りします。
・歩きタバコは大変危険です!灰皿のある指定喫煙場所にて、喫煙してください。
以上をご確認いただき、ご参加ください。
皆様の御来場を心よりお待ちしています。
パウワウマーケット実行委員会

ふれあい動物園がやって来る!

image

〈パウワウマーケット2016ふれあい動物園〉

リトルノースに馬がくる!?
親子で馬に揺られて新緑の中を散策しませんか?

【八ヶ岳ウエスタン牧場】

八ヶ岳ウエスタン牧場は、八ヶ岳南麓の標高1000mに位置する「馬の町 小淵沢」に当牧場は1977年、大人から子供まで気楽に引き馬・乗馬・外乗が楽しめるウエスタン乗馬の普及とふれあい動物広場の観光牧場として誕生しました。
今回もお馬さんとポニーに乗れます。
http://www.ywr.jp/top.html

image

« Older posts